~Blue Moon

月がそっと見守ってくれる。

携帯電話。

まだガラケーの私です。

えーっと、前までSH702i というのを使ってて、それがおとしてふたか閉まらなくなって、主人のケータイをもらって今に至ります。

どれくらい使ってるのかわかりませんが、まぁ、バンバン落としても壊れていません(今のところ)。

基本マナーモードなので、電話かかってきてもすぐ出られることのほうが少ないです。

かかってても気付かずに過ごしてたり、もはや携帯電話の意味もあまりないのですが。

かかってきても、いまちょっとなぁ。。。と思う人や時には出なかったり(おいおい)。

そんな携帯電話、久しぶりに、というか初めてアドレスの整理をしました。

ずいぶん連絡してない人、たぶんアドレス変わってるよなっていう人、誰だかわからない人(○○さん、とかいう登録だとわからない人、けっこういた)を、削除したり、○○さん、とか書いてる人をちゃんとフルネームで入れたりした。

 

なんかすっきり。

こんなに混沌としてたとは思わなかった。

パソコンもそうだけど、データの整理って本当に必要。

ものと違って目に見えないから余計見落としがちになる。

でも、やってみたらめちゃスッキリ。

で、削除したからと言って、べつに縁が切れたわけでははい。

そうであるなら、連絡がない時点でとっくに縁は切れてるし、またご縁があるなら連絡先がわからなくても連絡をとる手段はあるのだと思う。

なんか大事にもってたけど、なくても大丈夫か、と思って手放した感じ。

もちろん抵抗はあったけど、終わってみればすっきり。

いまや携帯はなくてはならない存在だけど、うちの伯父さんみたいに、昔デートのとき、駅で待ち合わせしたのにお互い反対側でずーっと待ってた、なんて話を聞くと、なんかいいよなぁと思う。

待ち合わせって昔はこんなんだったなぁ。

便利なものに変わって失われていくものに、あまりにも私たちは気付かない。

それほど時代の流れは急速なんだなぁ。

マイナンバーなんて聞くと、ミヒャエル・エンデ の モモ を思い出す。

灰色の男たちが、子どもを管理するために子どもにナンバーをつける。

それと何にもかわらないような気がして。

さみしいけれど、それが時代の流れなら抗うことはできないのだろうな。

それでも、決して不幸ではない。

それでも幸せに生きられる、と私は思います。

 

さぁ、もう紅葉も終わり。いよいよ冬ですね。

今朝はちょっと冷え込みました。

今日は夕方七五三の写真を撮りに行きます。

けんごの袴が楽しみ~!!!

子どもの袴ってかわいい(^^)

またアップできたらします。