~Blue Moon

月がそっと見守ってくれる。

ひこうきぐも と 白い月。

ameblo.jp

 

うっかりこれ読んでボロボロ涙出た。

けんごがアイスの入ったお皿ごと割って、怒って、片付けて、この記事。

それでもまだ苛立ちが消えない心の狭い冷たい私(笑)。

でも涙と一緒にちょっとは出たはずか。

 

もうほんま、けんご生まれたときしんどかったの思い出した。

これくらい平気、これくらい普通、母親なんやし。お母さんには頼れへんし、一人でがんばるしかないし。

と自分に言い聞かせていた。

今から思ったら無理してたな、と思う。崩壊の一歩手前やったかも。今から思えばうまくいかないことだらけで、なんで?って思ってたけど自分が無理してることにも気付かなかった。

なんで崩壊しなかったのか。それは友達がいたから。

そこそこ近所で児童館で出会った友達がいて、同じくらいの年の間隔で二人産んだりしてた。

ベビーカー押しながらかなを抱っこして、ヘトヘトになりながら家についたら、メールくれた。私もそうやったから、わかる、と。

それだけでずいぶん救われた気がする。

本当に、ありがたかった。

 

冗談で「3人目は?」とか、「もう一人いっとこか」とか言われると、やっぱりまだイラっとする。

なに?じゃぁ代わりに産んでくれるわけ?痛いの私なんですけど。3人目の養育費は誰か払ってくれるのかな?そこまで考えての発言ですかね?

 

と腹黒く思っています(笑)。

それくらいしんどかったんやなぁ、と今でも思う。そのときはそこまで感じてたのに感じないようにしてた自分も今から思うとこわい。

思い込みって本当にこわいです。

 

もっと自分大事にしないとね、みんなそう。

まだ私も拗ねてる。

もっと助けてほしかったし、SOS出せばよかったな、と思う。

どうせ無理(仕事だし)

どうせ休んでくれへん(仕事やし)

どうせ自分でするしかない(仕事だし)

これ、びっくりするけど、旦那にではなくて、母親に対しての感情。

こんなときまで仕事?やっぱ仕事優先?

 

って思ってたんやな、私。わかってはいたけど、やっぱりそうでした。

いやいや、もうほんと、まだまだ出てくるけどまた後日にします。

 

えっと、だから、どういうことかっていうと、

もっと甘えていいんだろうなってこと。

あと、友達は宝物だなってこと。

ありがとうって思います。助けてくれてありがとうね。

 

 

方、ピアノ送っていくときに、ひこうきぐもと白い月が見えました。

自転車から見た私のすきな空でした。

毎日、同じではないんだな。同じ空は二度と見られない。

けんごが

「ひこうき!」

と言って

「ほんとやなぁ、いい空やなぁ」

 「いい空やなぁ」
 
こんな会話でした。
 
いい空でした。