~Blue Moon

月がそっと見守ってくれる。

Jordu!

Jordu という曲をやっています。レッスンでした。

Duke Jordan という人の曲で、自分の名前を入れ替えてタイトルつけたらしい。

おもしろい。

相変わらず楽譜から離れられない私ですが、来週は見なくてもできるくらいの音で練習してきてねーと言われました。つまり、楽譜がないとできないほど複雑じゃなくていいんだよってこと。もっとシンプルでいいみたい。ジャズって音も多くて複雑なイメージだったからびっくりしました。

はじめはシンプルがいいのかもね。それが基本なのかもしれない。

それにしても先生のピアノは美しいです。

私の前の生徒さんがまだやってて、

「私のうた、ジャズっぽくないですよねぇ」

と先生に聞いていた。

「ジャズっぽいとか、そうじゃないとか、関係ないよ。僕もよくクラシックみたいなピアノですねとか言われるけど、自分がどうしたいかが大事なんであって、ジャズっぽいとかそういうのは関係ないよ」

と先生は言っていた。

ホントそうだ。ジャズ、の定義もわからないし、ジャズっぽくなくてもべつにいいし、そう決めた誰かがめちゃくちゃ偉いわけじゃない。

自分の歌を歌えばいいんだな。

と心の中で思いながら。

自分の歌。

私もそうなりたいな。そうなるためなら、がんばれる。

 

最近、パウエル全然吹いてません。ムラマツばっかり。

ごめんねー、パウエルちゃん・・・・。お母さんもゴメン。

でも両方好きなんよねー。

全然タイプが違うからいいね。

 

昨日、珍しく旦那とケンカして、もうレッスンやめようかなと思ってたのですが、やっぱりやりたいな、と思いました。

無駄なのかもしれないけど、好きだから、楽しいから。

できるうちはやりたいなぁと思いました。

でもありがたいなと思いました。

 

仕事してくれてありがとうって思わないとなぁ。

世の中の働くみなさん、今日もお疲れ様でした。