~Blue Moon

月がそっと見守ってくれる。

ただいまです。

なんやかんやで久しぶりの更新です。

昨日の夜にやっと奈良から帰ってきました。期待してたけど、やっぱりまだ暑いよね。

クーラーいるわ。と思いました。

 

今回は特にどこへも行かず、何もせずだったのですが、「インサイドヘッド」を子どもと見にいきました。内容は正直、よくわからないところも多かったんだけど。

ただ、すごいなって思ったのが、やっぱり「ヨロコビ」だけではダメで、「カナシミ」も必要なんだってこと。そういう話なんだけど、見てると「ヨロコビ」がすごいしんどくて。テンション高くて前向き。この人、しんどいわ、と思った(笑)。実際、いるかもね、こんな人。

「カナシミ」は、それはそれで、うっとうしい(笑)。うちの母親みたいだわと思ったけど、両方必要やわなー。どっちか片方じゃバランス取れない。と再認識しました。

家で見た「ベイマックス」も面白かったよー。かわいいし、ベイマックス。完全じゃないところがいいね。うん。

 

戦後70周年ということで、戦争関係の番組が多かったです。旦那の家は一日中テレビがついてる家なので、必然的にテレビを見ることが多いのですが。

戦争と平和

久々にみた仁さんのブログで戦争について書いてた。

■「敗戦」記念日ではなく、終戦記念日|心屋仁之助オフィシャルブログ「心が風に、なる」Powered by Ameba

 

こういうテーマは私には重たすぎて難しすぎて、うまく文章にできないんだけど。

ちょうど、戦争関係で東ちづるが子どもたちと交流している番組をやってた。

戦争で傷ついた子供たちとの番組で、骨が見えるまでえぐれた脚やら、もう見ていられないようなひどい状況でした。

でも、やっぱり私にはテレビの向こうの世界なんだな。

東さんは「平和って祈ったり願ったりするもんじゃない」と言っていた。

でも、私は、やっぱり祈ったり願ったりすることしかできない。

それでいいんだと思う。

戦争で傷ついた子供たちがたくさんいる。子供だけじゃない。

ろうそくを灯して祈り、願う。思いを馳せる。

それだけで今は精一杯。

私は今ある幸せをかみしめて生きて行く。

だからこそ、今できることを精一杯する。

今を楽しむ。

 

やなせたかしさんの詩がいつも頭の中にあって、ことあるごとに浮かんでくる。

どうぶつたち という詩の中の あり の詩です。

小さくても命は一緒。人間は、その器ばっかり大きくて、という内容です。

命を包んでいる器の大きさ、それだけなんだな。

といつも思う。

生かされているから。私はありじゃなかったから。人間に生まれたくて生まれたんだから。生きようと思うだけ。

私が子供に伝えたいのはそれだけです。

 

そんなことを考えたお盆休みでした。相変わらず墓参りには行かない旦那の実家ですが、うちの実家はしっかりやってたと思います。

線香持って花持って。

昔からそんな風習みたいな習慣みたいなもの、嫌いではなかったな。

 

また花持って行きたいと思います。